生垣にもさまざまな素材、工夫があります。ナチュラル素材を使うことによって、樹脂製素材にはない変化や風合いを楽しめます。2枚目は延段(枕木を使用)。3枚目は光悦寺垣。奥が御簾垣(みすがき)。4枚目沼津垣。5枚目御簾垣となっています。垣根としてツツジの代わりに強く色がきれいで、目隠しの役割を備えたコニファーを植えました。